毎日の入浴時にお酢を入れて体臭予防

暑くなると他人の体臭が凄く気になりますが、自分の体臭も気になります。
体臭の原因は、汗や垢・皮脂が皮膚の常在細菌の働きによって臭気を発するようになって起こります。
つまり、予防するためには肌の常在細菌をどうにかしないといけないわけです。
その方法としては様々なことがありますが、「毎日の入浴時に米酢をお風呂に少し入れる」という方法があります。
お酢の殺菌効果はよく知られていて、これを少し湯船の中に垂らすことで雑菌の増殖を抑えることが出来ます。

↓↓対策のことならこのサイト!↓↓
http://wakiga-navi.net/susowakiga_soap.html

お酢は肌にも良いので、是非試してみて下さい。。

こまめに体臭を消すことが大切

体臭は簡単に消えることはありません。また対策をしたとしても、すぐに体臭があふれ出てしまうということも考えられます
そうしたことを考えると、こまめに体臭を防ぐ努力をしなければなりません。汗をシートでしっかりと拭いて、スプレーで匂いを抑え込むようにしてください。これだけで随分と体臭が薄くなることに気づくはずです
シートで吹くことが一番大切なことで、これをやらないと匂い自体が上手く消えません。まずは拭くことから始めてください

女性ホルモンの乱れが原因の体臭も

男性は中年になると体臭に悩む人が非常に多いです。
よくおじさんは臭いから苦手、とかいう若い女の子が多いことからも
いかに体臭のある中年男性が多いかを表してると思います。
ですが、実は女性も中年になると体臭に悩む人は珍しくなく、
しかも女性であるがゆえに深く悩んでいる方が多いようです。
女性の体臭の大きな原因の1つは、女性ホルモンのバランスが崩れる事です。
ですから更年期になってそこから体臭が出るようになる事はとても多いのですが、
そうでなくても30代以降は女性ホルモンが不安定になりますから
体臭が少しずつきつくなる事も多いようです。
ですからその対策の1つとして、女性ホルモンの働きを助ける食品や
サプリメントを利用するのもいいと思います。
納豆やローヤルゼリーなどがおすすめです。